インフルエンサー広告でのWEB集客、マスク印刷効果

カテゴリー:コラム

インフルエンサーマーケティングで利点となることとは?

〇柔軟な施策展開

・ブランドの認知度を高めたい

トップ/メガインフルエンサーによってブランドの情報を爆発的に拡散してもらいます。

・販売している商品の購入を促したい

マイクロインフルエンサーによって消費者目線の口コミで消費者を後押ししてもらいます。

ギフティング

インフルエンサーに商品を送って体験してもらいSNSでアップしてもらいます。

ライブコマース

インフルエンサーにYouTubeやInstagramなどでライブ配信にて商品を紹介してもらいます。

・アンバサダー

商品ブランドの専任の広告塔としてパートナーシップを選んでブランドの魅力について発信してもらいます。

〇ターゲティングしやすい

インフルエンサーには複数のジャンルへの興味や関心の高いフォロワーがいます。そのため起用したインフルエンサーのよって年代別、ジャンル別、男女別など商品にマッチしたターゲットを選びやすくなるのです。

〇消費者目線のレビュー

インフルエンサーは実際に商品の良し悪しを消費者の目線で丁寧なレビューをしてくれます。実際の消費者でもあるので説得力もあり信頼性も高くなります。ユーザーの関心と共感も獲得できるのが大きなメリットでもあります。

〇広告臭が少ない

インフルエンサーは口コミ、レビューなどで拡散されていきます。一般的な企業の広告よりも広告臭が少ないので見ている人も受け入れやすいのです。

〇拡散とUGCの獲得

インフルエンサーはターゲットにより共感度が高いコンテンツを生み出します。

そのため口コミがターゲットの間で拡散されやすくなります。またUGCも獲得することができ、ブランド商品の話題性、信頼性を高めていくことになります。

〇効果分析がしやすい

SNSはネット上で行われるため、データの取得や分析がしやすくなります。

企業側がやるべきこととは

インフルエンサーマーケティングを行うのにすべきことをご紹介します。

〇目的を設定

紹介したいブランドや商品とターゲットとする消費者の購買フェーズに応じ、施策内容を最適化させます。新ブランドなどの認知拡大をするには複数のインフルエンサーに依頼して商品を認知させてもらうことです。

〇適切なKPIを設定

目的に沿ったKPIを設定しなければ正確な効果分析ができなくなります。

〇親和性の高いインフルエンサーの選定

自社のターゲット層を多く抱えているインフエンサーを起用することが大事です。過去のPR投稿なども確認してどの程度丁寧にPRしているのか、コメントでのターゲットの反応は良いかどうかなどもチェックしておき、施策の効果を最大化させるインフルエンサーを選ぶようにします。

〇インフルエンサーの管理も

インフルエンサーのPR投稿は下書きをチェックさせてもらいブランドの意向に沿っているかも確認します。ステマになっていないかも必ず確認しましょう。

マスク広告の力

アドアライブでの広告マスクのインフルエンサーをする人も増えてきています。マスクをつけるだけでいいので特に若いインフルエンサーに絶大な広告効果があります。

効果・可能性・展望

アドライブは複数のアプローチポイントと可能性があります。

・ネット広告(バナー)

アドライブのトップページで募集バナーを設置し募集、サイトを訪れる人にアプローチします。

・SP広告

アドアライバーに広告をプリントしたマスクを送付し、ダイレクトな意識づけに。マスクを着用し外出することで人間広告塔になります。

・マス広告

新しい発想の広告・仕組みとして注目されマスコミなどからも取材されることもある相乗効果も期待できます。

広告依頼も増加中

インフルエンサーになる人も増えている中、広告の依頼も多くなってきています。拡散されていくことでどんどん企業も注目されるようになります。経済を動かしていくきっかけにもなるマスク広告は企業側もインフルエンサー側もメリットが多いのです。企業の将来性にも期待がかかります。